有限会社GISインスティテュート
[ホーム] [サービス] 製品 [ギャラリー] [技術資料] [会社概要]

shapeMaker(シェープメーカー) version 1





重要なお知らせ




■特徴

1.エクセルベースで簡単操作
使い慣れたエクセルで入力データを揃えるだけ。あとはボタン一発で、業界標準のシェープファイルが作成できます。
2.テーブル設計不要
エクセルのワークシートがそのまま属性テーブルになります。面倒なフィールド定義はshapeMakerにおまかせ。
3.背景地図の自動キャリブレーション
マップを読み込むだけで自動的にキャリブレーションが行われます。複雑な位置あわせ作業からあなたを解放します。
 
 
 
 

■機能

1.座標データからシェープファイルを作る
座標数値からポイント、ライン、ポリゴンを作成します。
座標既知の測定点やGPSログ・測量データのGISデータ化に威力を発揮します。
※これは本製品で作成したシェープファイルの利用イメージです。本製品にはデータ表示機能は含みません。また、背景の地図データも本製品には含みません


2.表から属性データを作る
フィールド名と内容を表形式で入力して、属性データを作成します。フィールドの型定義は不要。shapeMakerが自動で判定します。
※これは本製品で作成したシェープファイルの利用イメージです。本製品にはデータ表示機能は含みません。また、背景の地図データも本製品には含みません


3.マップ上で座標を取得する
市販の「数値地図25000(地図画像)」を読み込んで背景地図に利用できます。マップを選んで読み込むだけで、マップのキャリブレーション(位置あわせ)はshapeMakerが自動的に完了します。
※背景の地図データは本製品には含みません。

エクセルのオートシェイプ機能でマップをトレースして、座標を取得しシェープファイルにします。
※背景の地図データは本製品には含みません。

■価格 1ライセンス 12,960円(消費税込み)
教育機関の方、10ライセンス以上の方、法人で見積書を希望される方はご相談ください。お問い合わせはこちらへ。

■購入
注文書はこちらです。FAXまたは郵送でお申し込みください。

■仕様
動作環境 Windows 95、Windows Me、Windows NT、Windows 2000、Windows XPのもとでMicrosoft Excelが動作しているPC
出力形式 ESRIシェープファイル(ポイント、ライン、ポリゴン)
測地系 東京測地系、JGD2000、WGS84、測地系なし
投影法 緯度・経度、平面直角座標系第I系〜第XIX系、UTM第51帯〜第55帯
読み込めるマップデータ 数値地図25000(地図画像)
作成できるポイントの個数 65535点以内
作成できるライン/ポリゴンの個数 頂点の個数が合計65535点以内
1個のラインまたはポリゴンの頂点の数 10000点以内
作成できる属性フィールドの個数 254個以内
読み取り可能なオートシェイプの種類 ポイント作成−基本図形、ブロック矢印、フローチャート、星とリボン
ライン/ポリゴン作成−線(直線、矢印、双方向矢印、曲線、フリーフォーム、フリーハンド)


■出典
・このページを作成するにあたっては、国土地理院刊行の数値地図50mメッシュ標高および数値地図25000(地図画像)「甲府」から「八ヶ岳西部」「富士吉田」の一部を使用しました。
・山の位置と標高は国土地理院のホームページ「日本の山岳標高1003山(http://www.gsi.go.jp/KOKUJYOHO/MOUNTAIN/mountain.html)」を参考にしました。
・台風の経路データはTropical Storms, Worldwideサイト( http://www.solar.ifa.hawaii.edu/Tropical/tropical.html )を利用しました。

よくある質問

■チュートリアル「shapeMakerでシェープファイルを作ろう」
製品に同梱のチュートルアル(自習書)と同じPDFファイルです。ただし自習用データは 添付しておりません。簡単操作を実感してください。
ダウンロード

©2003-2009, 有限会社GISインスティテュート. All rights reserved.
〒183-0035 東京都府中市四谷3-49-18
電話・FAX:042-405-3901
gis-i@nifty.com