ベクトル量を矢印で表現する
技術資料トップへもどる

風向と風速のように、ものごとの性質で方向と強さのセットであらわされるものを ベクトル量と呼びます。ArcView3のマーカーシンボルは回転角をフィールドで指定 することができますが同時に強さを表現することはできないので、風や潮の 流れの場を表現するためにスクリプトを作成しました。

ここで紹介するAvenueスクリプトは、角度と長さを与えて矢印を描くものです。 ポイントシェープファイルの属性から矢印の始点、方向、長さを取得し引数として 渡します。長さはビューの長さの単位(map units)として解釈されますので、 ビュー上で適切な大きさに表現されるように調整してください。また先端の鏃の 大きさも問題の状況にあわせて適当に調節してください。
このスクリプトで描く矢印は1本だけなので、引数を変更しながら 必要なレコード数だけループする親スクリプトから呼び出して利用します。
この図は東京測地系から新日本測地系(JGD2000)への移行にともなう、見かけ上の 位置の移動量をあらわしています。緯度・経度の数値が改められることにより、 GISデータの座標値は西へ250m、北へ350mほど変化します。新旧のデータを混在させて 使うとこれだけの不一致が生じることになります。

スクリプトはここを参照してください。 vector.ave

技術資料トップへもどる

©2003-2006, 有限会社GISインスティテュート. All rights reserved.
〒183-0035 東京都府中市四谷3-49-18
電話・FAX:042-405-3901
gis-i@nifty.com