アセテートレイヤにいろいろ追加する (2004.04.16更新)
技術資料トップへもどる
■アセテートレイヤのコピーライトを変更する。
ArcIMSparams.js の var CopyrightText = "テキスト"; を書き換えます。

■アセテートレイヤのコピーライトに日本語を使うとトーフになる。
ArcIMSparams.js の var CopyrightFont = "フォント名"; で日本語フォントを設定します。 例えば
  var CopyrightFont = "MS ゴシック";
  
などとします。

■アセテートレイヤにその他の文字を追加する。
aimscutom.js の function addCustomToMap1〜4 でコメントアウトされている部分を 生かし、テキストを追加して表示位置を調整します。 例えば
function addCustomToMap1(){ 
    var customString = ""; 
    /* 
	customString += '<LAYER type="ACETATE" name="theMode">\n';
	customString += '<OBJECT units="PIXEL">\n<TEXT coord="5 ' + (iHeight-10) + '" label="This is a test">\n'; 
	customString += '<TEXTMARKERSYMBOL fontstyle="BOLD" fontsize="12" font="ARIAL" fontcolor="' + modeMapColor + '" '; 
	customString += 'threed="TRUE" glowing="' + modeMapGlow + '" />\n</TEXT>\n</OBJECT>'; 
	customString += '\n</LAYER>\n'; 
    */ 
    return customString; 
} 
では /* と */ に挟まれた間がコメントなのでこれを削除し、label="This is a test" のところをテキストでおきかえます。最初はちゃんと書き換えたハズなのにブラウザに反映されないので「おかしい!」と叫んでしまいましたが、よく考えたら表示位置がマップ画面の左上に近い場所になっていて、概観図(OverviewMap)に隠されているだけでした。

■ロゴを出す。
『その他の文字を追加する』では OBJECT の子要素として TEXT 要素を使っていますが、かわりに POINT 要素を使い、ロゴのイメージを RASTERMARKERSYMBOL として貼り付けます。 例えば
	customString += '<OBJECT units="PIXEL">\n<POINT coord="1 ' + (iHeight-407) + '">\n';
	customString += '<RASTERMARKERSYMBOL overlap="false" image="イメージデータへのフルパス" ';
	customString += 'transparency="1.0" size="122,32" hotspot="1,1" antialiasing="false" >\n</POINT>\n</OBJECT>';
  
などとします。
注意しなければならないのは、パスの区切りをあらわす ¥ 記号は特殊文字として扱うことです。例えば
	c:¥ArcIMS¥Website¥MyPage¥images¥MyCompany_logo.gif
にあるイメージデータを使うには
	c:¥¥ArcIMS¥¥Website¥¥MyPage¥¥images¥¥MyCompany_logo.gif
と書きます。
技術資料トップへもどる

©2003-2006, 有限会社GISインスティテュート. All rights reserved.
〒183-0035 東京都府中市四谷3-49-18
電話・FAX:042-405-3901
gis-i@nifty.com