接峰面図と接谷面図 (2006.01.01)
ギャラリーのトップへもどる
地図を方眼に区切って、その方眼の標高を方眼内の一番高い地点の標高で 代表させるという方法があります。ちょうど立体の 地形の上にやわらかいシーツをかぶせたようになり、微視的な詳細を 省略することで地形のおおまかな特徴を知ることができます。こうして 作られる図を接峰面図と呼びます。

左の上段の図は、南アルプスの北岳(3192m、日本第2の高峰)を中心とする30km四方 程度の地形を示しています。数値地図50mメッシュ標高をもとに、セルサイズ60mの GRID形式で表現したものですが、白峰三山から塩見岳への稜線や北岳を大きく 回り込む早川の谷筋など、微妙な屈曲が読み取れます。

伝統的な接峰面図では方眼のサイズであらわされる領域全体を1点の標高値で 代表させるので、作成された接峰面図は目の粗いモザイク模様に なります。左の中段の図は、9個x9個のセル範囲(=540m四方)のブロック内 にある最高の標高値をとる操作で作成した接峰面図です。尾根線の屈曲や 谷が曲がりくねる様子は見えなくなっていますが、 全体として尾根筋と谷の配置がシンプルに表現されています。

これとは逆に方眼の範囲内で最低の標高値をとる操作で作られる地図は 接谷面図と呼びます。

下段は9個x9個のセル範囲の最大値をとる操作を、1セルずつずらして繰り返す moving windowの操作で作った接峰面図です。こんな面倒な操作は手作業では とてもできませんが、GISのソフトウェアを使えばたいした手間ではありません。
この方法ですと解像度が落ちないので細部も残りますが、山頂と尾根線が 強調されて”もっこり型”の地形になっています。
ギャラリーのトップへもどる

©2003-2006, 有限会社GISインスティテュート. All rights reserved.
〒183-0035 東京都府中市四谷3-49-18
電話・FAX:042-405-3901
gis-i@nifty.com