地下の温度はどうなっているのか (2004.11.29)
ギャラリーのトップへもどる
温泉ボーリングや地熱資源探査のために掘られた、深度2000〜3000m級のボーリング孔が 数多くあります。核燃料サイクル開発機構の坂川さん他は公開されているボーリング資料を 編纂して、ボーリング孔の位置、深度と温度の関係、地質柱状図などをデータベース化した ものを公表しています。データベースはファイルメーカー形式で、核燃料サイクル開発機構の ホームページからダウンロードできます。

データベースに記録されている坑口の緯度・経度から、ボーリング孔の位置をマップに プロットしたのが左図です。このマップでは、実際に測定したり温度データから推定 した岩石の熱伝導率(W/m/K)の値で色分けして示しています。
断面を切って地下の温度分布をみてみましょう。所望の断面に近いボーリング孔を選ぶために 断面線ABからバッファ領域を発生させ、バッファ領域内のボーリング孔の坑口位置を 断面線ABに投影して端点Aからの距離dを求めておきます。断面図を描くには、横軸にdを とり縦軸に測定点の深度をとって温度の測定値をプロットします。坑口の標高が わかっているので、坑口からの掘削深度を補正してボーリング孔同士の鉛直方向の 位置関係を揃えてやります。
バッファ領域内のすべてのボーリング孔の温度測定データを プロットすると、この断面に沿った温度分布が見てとれます(下図)。

温度は50℃ごとに色を変えて示しています。地下の温度は平均して100m深くなるごとに 3℃上昇するので、深度3000mで100℃程度になると予想されます。この地域の東側では ほぼ平均的な温度を示していますが中央および西側の坑井番号580や594の付近では 浅いところでも250℃以上の高温を示しています。
■参考文献
日本の坑井温度プロファイルデータベース
坂川幸洋、梅田浩司、鈴木元孝、梶原竜哉、内田洋平(2004)、地震 第2輯 Vol.57、No.1
ファイルメーカー形式のデータベースファイルは核燃料サイクル開発機構のホームページから入手することができる。 http://www.jnc.go.jp/ztounou/siryou/welltempdb.html
ギャラリーのトップへもどる

©2003-2006, 有限会社GISインスティテュート. All rights reserved.
〒183-0035 東京都府中市四谷3-49-18
電話・FAX:042-405-3901
gis-i@nifty.com