2003年 冷夏でコメ不作 (2003.10.20)


今年は冷夏でした。毎日のように雨が降って肌寒かったのを覚えていらっしゃる方も 多いと思います。ただ、冷夏冷夏といっているだけでは一体どれくらい寒かったのか 感覚的にしかわからないので、平年気温との差をプロットしました。

図は2003年7月の各地の平均気温と平年気温の差を色分けしたものです。 ポイントデータは気象庁の測候所で、今年7月の平均気温が平年気温と比較して どれだけ低かったかを示しています。こうやってみると、 北海道から東北、北陸、北関東と米どころが直撃をうけていることが一目瞭然ですね。

【資料】
理科年表2003(丸善)
気象庁ホームページ「電子資料室」
こちらは米の作柄(9月15日)と低温傾向との関係を見たものです。 等温線(「等温度差線」というべきか)は平年気温との差を内挿して描きました。 コンターの間隔は1℃です。
「平年並み(作況指数101〜99)」は沖縄だけで、あとは軒並み「やや不良(98〜95)」か 「不良(94〜91)」となっています。東北の太平洋側から北海道にかけての 「著しい不良」は低温域とぴったり重なっていて、この地域での低温の影響が 非常に深刻であったことを如実にあらわしています。

【資料】
農林水産省2003年9月26日づけ発表「平成15年産水稲の作付面積及び9月15日に おける作柄概況」

■今回お世話になったサイト
(株)米穀データバンク
http://www.japan-rice.com/main.htm

今年のコメの作況指数をいち早くしりたいのですが、どのサイトが・・・
(人力検索サイト はてな)
http://hatena.ne.jp/1063908727

気象庁ホームページ「電子閲覧室」
http://www.data.kishou.go.jp/
ギャラリーのトップへもどる

©2003-2006, 有限会社GISインスティテュート. All rights reserved.
〒183-0035 東京都府中市四谷3-49-18
電話・FAX:042-405-3901
gis-i@nifty.com